DNAトランプについて

  (公財)日本発明振興協会では、創立60周年を記念して発明普及事業の一環として
DNA
トランプを制作しました。遊びながらDNAとアミノ酸の関係を学ぶのに役立ちます。
一般向けに定価1,000円で提供しています。

ご購入は、こちらへ
(ファイルを開くのに少し時間がかかります)
DNAトランプ外観

         例 アデニン()の20

 DNAトランプによるコドン合わせの遊び方 はこちらへ

DNAトランプとは

  すべての生物の遺伝情報を担っているのは、細胞の核に存在するDNAである。DNA
は膨大な糖がラセン状につながった2本の鎖の上に4つの塩基、アデニン()、グ
アニン(
)、シトシン()、チミン()、が並んでいるもので、アデニンと
チミン、グアニンとシトシンが相対して結合することで
2重ラセンの構造をしている。
(トランプ共通面参照)人間の
DNAでは約30億の塩基対で構成されている。一方、
生物のタンパク質を構成するアミノ酸は
20種類のみである。
 そこで、4つの塩基を4つのスーツに、20のアミノ酸を1から20までランクづけし
てカードにしたものが本トランプである。トランプの数字面はアミノ酸の分子構造を示
している。通常のトランプ
13枚に比べて、枚数が多いので、J(ジャック、18番)、
Q(クィーン、19)K(キング、20番)の前に16番としてkN(ナイト、騎士)、17
番として
B(ビショップ、僧侶)の絵札を加えている。
DNA上の3つの塩基のつながり(コドンと称す)は、ひとつのアミノ酸を規定してお
り、コドンに従い多数のアミノ酸が結合してタンパク質が合成される。カードにはアミ
ノ酸に対応するコドンを記されている。これを利用することで、新たなゲームを遊ぶこ
ともできる。新しいトランプなので、遊び方を工夫して、楽しみながら、生物界の根本
原理である
DNAとアミノ酸の関係を理解して下さい。



お問い合わせ先    公益財団法人日本発明振興協会
           
    
当協会サイエンストランプ担当(伊藤) 電話 03(3464)6991


 トップページに戻る