こども発明教室の1年

こども発明教室の1年
4月 講師打ち合わせ
  こども発明教室の運営委員と講師が集まり一堂に会し、活動方針や日程などについて話し合います。 
1 運営委員あいさつ
2 指導方針
3 日程について                       
  (含む 講師割り当て)
4 意見交換
5 備品・消耗品について
6 その他

5月 入室式   午前と午後の2回、行われます。
 
1 開式のあいさつ
2 専任講師のあいさつ・講師紹介
3 お祝いの言葉
4 閉式のあいさつ
その後、日程の説明、諸注意、名札の記入や道具箱の記名などを行います。

 

 

第1期
5月 基礎技術指導(1)工具や機械の使い方の実習
 こども発明教室のはじめは、いろいろな工具や機械の使い方を学びます。
 4つのグループに分け、4つのコーナーをローテーションします。
①  いろいろな工具の名前と使い方 のこぎり実習

 

②  釘打ちともくねじを使った固定の仕方

 


③  電動糸のこと電動ドリルの使い方

 

④ はんだ付け実習

 

 

5月 基礎技術指導(2)やじろべえ作り
 かまぼこ板を切り取って胴体を作り、竹ひごなどで腕を2本つけ、その先におもりを取り付けて、やじろべえを完成させます。

 

完成したやじろべえ

 

数年参加している子供の中には、水平にバランスをとるトンボや、釣り人の姿のやじろべえなど、高度な技術を要する作品も見られました。

(6月以降は工事中です。)